オークランド 旅行観光案内

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
当社のツアーは大半が専用車になりますのでお客様のご希望に応じてどのようにでもツアーをつくることができます。定番のツアーをカスタマイズするのが簡単でいいようです。ツアーのバリエーションは無限です。つまり、旅行は一つ一つみんな違います。そんな中から、たとえば、昨日のツアーなどもお客様のご希望によってうまくカスタマイズできたツアーですのでご紹介させていただきます。

【コース】
オークランド空港→マタマタ→昼食→ホビットツアー→ロトルア→レインボースプリングス→レインボーファーム→ファカレワレワ→ブルーレイク、グリーンレイク→ホテル(ロトルア)


P2220097s.jpg

オークランド国際空港から直接ロトルアへ向かう日程ですので、空港から本日のツアーは始まります。空港での待ち合わせは、心配はありません。小さな空港ですから。それでも、オークランド空港はたくさんの人で混雑する場合もありますので、待ち合わせ場所を分かりやすくてすいている花屋の前にしています。上の写真が花屋です。アライバルゲートを出て正面にあります。



P2220098s.jpg

花屋は一軒しかありませんし正面の目立つところにありますので分かりやすいと思いますが、万が一うまく出会えなかったら?という場合にも当社のフリーダイヤルにお電話いただければすぐに対応できます。フリーダイヤルですから、公衆電話からコインもカードもなしで受話器を上げてそのままダイヤルしていただければつながります。


P2220103s.jpg

オークランド空港から約2時間でホビットツアー出発の街マタマタ到着です。写真はメインストリートですが。。。人口6000の小さな田舎町です。



P2220104s.jpg

着いたのが11時ごろですが、12時からのツアーですので早めの昼食になりました。写真はThe Bakehouse cafeですが、ここがおいしくて安いです。5~10ドルです。


P2220105s.jpg

中はこんな感じ。セルフサービスです。


P2220107s.jpg

お勧めは、MUD CAKE(2ドル)。甘さ控えめでずっしり重たいケーキですがおいしい。


P2220109s.jpg

マタマタのインフォーメーションセンターには、ここでしか売ってていないホビットグッズがありますよ。マグカップ、マグネット、キーホルダーそのほかいろいろ。一番の人気は絵葉書です。


P2220110s.jpg

今回は通常のツアーとちがって、シャイヤーズレストという新しくできた場所を見学するために、はじめだけ別に出発してあとからツアーバスに合流しました。このヒツジはそこの脇にいたんですが、われわれが到着すると顔を出してこっちを見ていました。


P2220112s.jpg

これは別のヒツジ。顔の黒いヒツジは映画に出てきた種類で、こっちはニュージーランドに普通にいるロムニーです。


P2220114s.jpg

シャイヤーズレストは団体旅行者のためのレストラン兼休憩所です。


P2220115s.jpg

シャイヤーズレストから牧場が一望できます。最近雨が少ないので緑よりも茶色のほうが勝ってます。雨がもっと降ってくると、一面の緑のじゅうたんです。


P2220116s.jpg

ホビットの家の形をしたトイレ入り口。ニュージーランドのトイレはどこに行っても清潔できれいです。


P2220129s.jpg

ホビットのツアーはこのバスで牧場の中を走ります。何回も柵を越えて牧場の奥深くにあるロケ地にたどり着きます。世界中のいろんなところからファンが参加してます。


P2220132s.jpg

ホビットロケ地に着きました。ガイドさんが写真のパネルを見ながらいろいろ説明してくれます。当社のガイドは通訳いたします。


P2220141s.jpg

Green Dragon Pub(緑龍館)のあった場所とその前にある池。Green Dragon Pubは撮影が終わって、最後に燃えるシーンを撮るために本当に燃やしてしまったので、現在は跡形もなくなくなってます。



P2220149s.jpg

ここは、Bag End(袋小路屋敷)の跡です。家の中の窓から顔を出して記念写真。


P2220150s.jpg

Bag Endからパーティー会場とパーティーツリーの眺め。カンダルフとビルボが煙管を吸いながら眺めた景色です。


P2220157s.jpg

ホビットのツアーが終わって、ロトルアに行きました。まずはじめは、レインボースプリングスです。ここは、虹マスやいろいろな鳥、キウイなどいろいろ見れます。写真は、ツゥアタラというトカゲのような生き物で、30センチぐらい?生きた化石(恐竜)といわれています。


P2220167s.jpg

お次はレインボーファームショー。とってもおもしろいです。ヒツジの毛刈りも見れます。


P2220181s.jpg

乳搾りもできます。


P2220183s.jpg

子羊にミルクをあげることもできます。


P2220185s.jpg

さてさて、最後はファカレワレワです。マオリ工芸学校の教室を見学できます。マオリの伝統工芸の木彫りを伝承するための学校です。


P2220186s.jpg

ファカレワレワの目玉は間欠泉です。あそこまで歩いていきますよ。


P2220187s.jpg

ゴゴゴォォォっと地響きをさせながら、蒸気が噴出しています。


P2220188s.jpg

マオリの家もあります。


P2220189s.jpg

予定より早く終わったので、本日のおまけは、ブルーレイク、グリーンレイク見学です。写真はブルーレイク。とってもきれいで静かな場所です。地元の人の自慢の場所です。残念ながら、写真がうまく撮れてない。


P2220190s.jpg

こっちは、グリーンレイク。今日はあまりグリーンじゃない!?
小高いところからしか見るところがありません。緑が茂っていてよく見えないし、、、、。


このあと、ポリエシアンスパの下見をして、市内を車窓から見学して(カフェレストラン街、ガバメントガーデン、ロトルア湖畔など)ホテルにチャックインしました。ホテルでは、チャックインのお手伝いとこれからのご予定の確認などをお手伝いします。今回お客様は、帰りのバスの予約がまだでしたので、その予約のお手伝いをしました。ロトルア→ワイトモ→オークランドのバスの予約が無事取れました。お疲れのところを30分ぐらいかかってしまった。。。。しかーし、キャンペーン中だったので、少し安く予約が取れました。

今回は全てお客様の作った手作りの日程の一部(オークランド空港→ロトルア)を当社が引き受けております。(女性お二人様です)
帰りのバスの予約を現地でというように、旅慣れた方でした。
日本から飛行機で10時間以上のフライト。着いてすぐに車でツアー出発。9時間以上あっちこっち寄ってからやっとホテルにたどり着いたという、かなりのハードスケジュールに見えますが、元気いっぱいのお客様でほとんど苦になっていないようでした。「乗用車で専用車だからあまり疲れなかった」とのお言葉もいただきました。限られた時間の中で、最大限に効率よく観光地を回れたすばらしいツアーができたと思いました。ご利用ありがとうございました。

お問い合わせは何なりとメールにてどうぞ。
観光タクシー&リムジンツアー社
大鹿までお気軽に
E-mail:takushi@woosh.co.nz (日本語でどうぞ)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。