オークランド 旅行観光案内

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
車椅子ご利用のお客様でも、ご利用できるツアーがたくさんあります。
お客様のご都合を最優先したツアーを立案いたします。



【ホビット庄ツアー】
事前にご連絡いただく必要があります。当社と現地ツアー催行会社Rings scenic tours社双方で専用車を出します。ツアーは牧場内の起伏のあるところですので、急な坂道は4WD車に乗り換えるなどの対策をします。ただし雨が降った場合は、4WD乗車は、危険が伴いますので、中止しなければならない場合もあります。車の乗り降りをしますので、身軽な服装が必要です。

【ワイトモ土ボタル鍾乳洞ツアー】
土ボタルの幻想的な眺めを楽しむことができます。ボートに乗り換えますので、軽装を。ただし、川の水量が増して、ボートが通り抜けできない場合は、残念ながら見学ができません。加えて、鍾乳洞のほうは、急な階段がありますので、見学は難しいです。

【市内観光】
市内観光ポイントは大体の場所は、車椅子でそのまま見学可能です。ショッピングセンターなどは人気があります。広々としていますので、車椅子でもまったく問題なくショッピングが楽しめるからです。しかし、残念ながら、一部のアクティビティーは利用できない場合があります。当社で調べることができますので、ご希望、お問い合わせはお気軽に。

【ワイポウア森林公園カウリ見学】
巨木カウリ「タネフマタ」は、車椅子のままで見学可能です。カウリ博物館も問題なく見学できます。さらに、カウリの原生林トレッキング〔通常50分ぐらい〕も車椅子のままで可能です!道は、車椅子でも通れるようになっていて、段差がありません。ただ、デコボコしたところもあります。雨でも危険はありませんので雨天決行です(雨の中の景色もすばらしいですから!)。雨具のご用意も忘れずに。

【ワイナリーツアー】
まったく問題がありません。

【ロトルア観光】
ほとんどの観光ポイントで問題はありません。ロトルア温泉も、手すりがありますので、介助者がいれば大丈夫でしょう。



当社で扱っているツアーで、車椅子をお断りするツアーはありません。とにかく、事前にメールをいただき、ご相談ください。お待ちしております。最大限の努力をいたします。いままで、車椅子のお客様も多数参加されております。また、高齢者で杖をつれている場合なども、ほとんどの場合、問題なくツアーができます。

ニュージーランドでは、バリヤフリーの配慮が観光地にも及んでいます。ご安心の上、ご利用できます。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nznewzealandtour.blog5.fc2.com/tb.php/59-f39a4442

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。